マウイのことならマウイの達人
無料マップ遊ぶ食べるショッピング掲示版よくある質問現地情報責任者紹介
サイト内検索



※下記のツアーはどれも、私自らが参加、体験し、すばらしいと思ったツアーです。自信を持っておすすめします。
また、すべて日本語ガイドまたは日本語説明書付きです!安心してお楽しみください。

遊ぶ

マウイ島無料マップ
スヌーバジャパン
スヌーバジャパン
GO

ジェミニ・チャーターズ

1.チェックイン

■↓チェックインカウンターの写真:
http://mauinotatsujin.com/images/asb/gemini/Maui_check_in_counter.jpg

チェックインは、ウェスティンのプールサイドにあるアクティビティーデスクで午前10時20分までに行ってください。

このメールの英語の部分を切り取って、係員に渡すだけで、チェックインできます。

なお、チェックイン後は、アクティビティーデスク前の芝生エリアでお待ち下さい。ビーチにはお待ちにならないようにお願いします。

ビーチにジェミニ号が上陸後、クルー(乗組員)がアクティビティーデスク前まで、お迎えに上がります。

2.靴入れ

■↓靴入れの写真:
http://mauinotatsujin.com/images/asb/gemini/Maui_shoe_box.jpg

クルー(乗組員)が靴箱を開けてくれますので、靴を入れてください。

3.乗船

■↓乗船の写真:
http://mauinotatsujin.com/images/asb/gemini/Maui_on_the_board.jpg

ジェミニ号の前の梯子状階段から3mくらい離れた位置に縦一列に並び、クルーの指示に従って、順番に乗船してください。

乗船のコツは、潮が引いたときに梯子を登りはじめます。このときに片手で、必ず、手すりにつかまってください。

タイミングによっては、潮が満ちてくることもありますので、手荷物が濡れないようにカメラなどは十分な高さまで持ち上げるか、バックの中に収納して濡れないように気を付けてください。

4.安全事項

■↓デッキ上のイスの写真:(船内はソファーになっています)
http://mauinotatsujin.com/images/asb/gemini/Maui_seat.jpg

乗船後は、まず、船内(キャビン)に入り、お好きなお席に着いてください。ご着席後、荷物をひとまとめにして置きます。バスタオルなどで荷物をくるむといいかもしれません。

すべての参加者が乗船次第、クルーからボートについての説明がありますので、最後まで一通り聞いてください。説明が終わり次第、キャビンから出て外の景色や心地よい海風を楽しむことができます。

ロッカーなどはありませんが、荷物を盗まれたりすることはまず、ありませんので、ご安心下さい。

ただし、船の外回りはワイヤーとステンレスパイプですので、イスの上に荷物を置いたままにすると、風で飛ばされたり、船の揺れでスライドして荷物が海に落ちることがありますのでご注意下さい。

また、デッキの上を移動される場合は、ワイヤーやステンレスパイプにつかまって移動してください。デッキを歩かれるときは白いペンキの箇所がグレーのエリアよりも滑りやすいので、ご注意下さい。常に片手はどこかにつかまって移動してください。

お子さまがいらっしゃる方は、船上を走らないように注意されてください。また、乗船用梯子の両サイドにトランポリンネットがありますが、ここでは飛んだり跳ねたりしないように気を付けてください。

船の上には、オレンジの救命道具、救命筏がありますが緊急以外は使わないでください。

5.お手洗い

■↓お手洗いのボタンの写真:
http://mauinotatsujin.com/images/asb/gemini/Maui_flush_button.jpg

お手洗いの場所はキャビンの両サイド下にありますが、進行方向右手が男性用、左手が女性用です。水を流すときにはトイレットペーパーの横にあるボタンを押してください。

6.飲み物用プラスチックカップ

キャビン内の中央カウンターに飲み物用の透明なプラスチックカップがありますので、ご自由にお使い下さい。なお、カップにマジックで名前を書いて、なるべく一個のカップを最後まで使ってください。クルーにお申し出いただければきれいに洗います。

ノンアルコールのお飲物の種類は水、コーラ、ジュース、ルートビア、スプライト、ジンジャーエール、アイスティー。アルコールは、ビール、ワイン、マイタイがあります。ビールの空き缶はリサイクルのため、キャビンのカウンター横のCANSと書いたゴミ箱に入れてください。

7.日焼けオイルの使用禁止

日焼けオイルは、デッキが滑る原因になりますので、使わないようにお願いします。

ローション状のものをお使い下さい。

なお、目の周りには日焼け止めを塗らないようにしましょう。目がしみる原因になります。

8.すべて自由席

船上のシート、ソファー、ベンチはすべて自由席です。

9.スノーケルの道具

■↓スノーケルの道具の写真:
http://mauinotatsujin.com/images/asb/gemini/Maui_gears.jpg
http://mauinotatsujin.com/images/asb/gemini/Maui_masks.jpg

クルーが、お客さまに合ったサイズのマスク、足ひれなどを選んでくれますので、受け取られましたら、それぞれのサイズを確認してください。マスクはバンドをきつく締めれば締めるほど、水が入る原因になります。ゆっったりとフィットするくらいに付けると水圧でフィットします。

また、マスクの中に髪の毛が入らないように付けてください。水がしみ込む原因になります。

もし、スノーケリング中にマスクに水が入ったら空を見上げて、マスクの下を開けると水をクリアできます。

船上で、足ひれを履いたまま歩かないようにしましょう。足をくじいたり、つまずいて転ぶ原因になります。

もし、度付きのマスクが必要な方はクルーにお申し出下さい。

10.浮力ベルト

■↓浮力ベルトの写真:
http://mauinotatsujin.com/images/asb/gemini/Maui_floating_device.jpg

泳ぎが苦手な方、不安な方は浮力ベルトをご使用下さい。

水に入る前に、自由にお取り下さい。

11.水に入るコツ&泳ぐ範囲など

■↓乗下船用梯子を使った入水時の写真:
http://mauinotatsujin.com/images/asb/gemini/Maui_swim_step.jpg

準備ができたら、バディー(2人一組)になって手すりにつかまりながら梯子状階段を降りて入ってください。水に入る前にクルーがマスクを調節してくれます。

ブギーボードが必要な方は、「ブギーボード プリーズ」と申し出てください。ブギーボードは、横向きに使うと安定します。小さなお子さま、お年寄り用に窓付きのブギーボードもあります。

なお、泳ぐ範囲は場所によっても変わりますが、ボートから50m以上離れないように気を付けましょう。

風や潮流により、ボートから離れていると感じたら、クルーに向かって両手を真っ直ぐに上に挙げて助けを呼んでください。

特に流されていると気づいたときには、我慢したり、がんばって、なんとか自分の力で戻ろうとは思わず、すぐに助けを求めて下さい。クルーが助けに来てくれます。

身体がサンゴ礁に接触するような浅瀬には行かないようにしましょう。

12.スノーケリングを疲れることなく楽しむ姿勢

初心者ほど、海に入っても陸上にいるときの垂直の状態を保とうとし、おでこにマスクを付けて、おまけに歩いているときみたいに自転車こぎをはじめ、自ら息切れしていますが、これはもっとも疲れる姿勢です。

楽に遊ぶには、マスクは顔に付けたまま、スノーケルをくわえて水面に水平になり、ヒザを伸ばしてバタ足の姿勢で、スノーケリングを楽しんでください。

なお、カメを見るときにはバタ足を止めて、静かに見ましょう。追いかけても、まず、間に合わないことが多いです。

13.ウミガメに触らないこと

ウミガメは希少動物保護法で守られていますので、触ったり、追いかけたり、乗っかったり、しないようにしましょう。

14.スノーケリングが終わってボートに上がるとき

何度でも、スノーケリングに行ったり、船に戻ったりできますが、必ず、バディーで行動し、お互いのコミュニケーションを行ってください。決して、一人では行動しないようにしましょう。

クルーからスノーケリング終了合図が出たら、慌てず、すみやかに船に戻ります。

船に上がるときには、水中に突き出ている梯子の手すりにつかまって、足ひれを脱いでから上がりましょう。どうしても足ひれが脱げないときにはクルーに手伝ってもらいましょう。

15.スノーケル道具の返却

http://mauinotatsujin.com/images/asb/gemini/Maui_return.jpg

道具を戻すときにはマスクで足ひれをまとめるようにして戻してください。

道具を返却後、シャワーを浴びて、キャビンに入りましょう。

16.ランチ

スノーケリングの後は、ウェスティンの専属シェフが作った温かい昼食をお楽しみ下さい。

メニューはテリヤキチキン、ケージャンマヒマヒ(シイラ)、野菜炒め、新鮮なパンやミックスナッツ。おいしいですよ!

お子さま用にピーナッツバターとゼリー、焼きたてのクッキーもあります。

アルコール類は、スノーケリングの後にバーで無料にてお楽しみいただけます。

食事が用意されたら、カウンター右手側に並び、飲み物を注文し、ペーパープレートに料理を取ってください。

17.Tシャツやキャップ、水中カメラ

http://mauinotatsujin.com/images/asb/gemini/Maui_t_shirts&hat.jpg

センスのいいデザインのTシャツや帽子、そして簡単に写せる水中カメラを船上で購入できます。

18.海底ガラス窓

http://mauinotatsujin.com/images/asb/gemini/Maui_Grass.jpg

水に入らない方は海底ガラス窓から海中を楽しむことができます。

ザトウクジラの見える時期は、海底ガラス窓から鯨の姿を見ることができます。

海底ガラス窓はお手洗いの横にあります。

19.わからないことや困ったこと

ジェミニの船上には、日本語スタッフがいませんので携帯電話をお持ちの方は、船上から874−5530、280−2975に電話していただければ、無料で通訳いたします。
それでは、ジェミニ号でのツアーとマウイの自然を心ゆくまでゆっくりとお楽しみ下さい!!

■↓ジェミニ・チャーターズお申込みはこちらです。
http://mauinotatsujin.com/p3_asb_gemini.shtml