マウイのことならマウイの達人
無料マップ遊ぶ食べるショッピング掲示版よくある質問現地情報責任者紹介
サイト内検索



※下記のツアーはどれも、私自らが参加、体験し、すばらしいと思ったツアーです。自信を持っておすすめします。
また、すべて日本語ガイドまたは日本語説明書付きです!安心してお楽しみください。

遊ぶ

宿泊

マウイ島無料マップ
スヌーバジャパン
スヌーバジャパン
GO

おすすめスノーケリングボート!プライド オブ マウイへようこそ!

はじめに

モロキニ島までの航行時間は、マアラエア港から約45分程です。すがすがしい朝の潮風を楽しみ、マウイ島の朝をお楽しみ下さい。

日が昇る前、朝方1時間くらいは、夏でも肌寒いことが多いですので、トレーナーかウィンドブレーカーを持参するといいとおもいます。

日が昇ってしまうと暑くなりますので、日焼け止めを忘れないようにしてください。

なお、日に焼かれたくない方は、1階のキャビンが日陰になっています。

朝食について

セルフサービスとなっておりますので、ご自分で好きな食べ物、飲み物をお取りください。

メニューは、各種マフィン、ベーグル、新鮮フルーツ(パイナップル、メロン、オレンジなど)。

お飲物は、コナ・コーヒー、紅茶、ハワイアンジュース、ペプシ、アイスティー、お水などです。

どうぞ、ごゆっくりお楽しみ下さい。

安全装備について

2階デッキの屋根の上に救命ボートが4隻載っています。救命胴衣は2階デッキの後ろから1番目、2番目の座席の下に あります。

1階のメインキャビンは、一番前の座席の下に救命胴衣があります。

お手洗いについて

お手洗いは1階の中央両サイドにあります。ご使用になったトイレットペーパーは流さずに備え付けのゴミ箱に処理してください。

タバコの喫煙について

船上は禁煙になっております。

ごみ箱について

2階はキャプテン席の後方、1階はカウンターの横にグレーの大きなごみ箱がありますので、食べ残し、飲み残しなど、御自由に捨てて下さい。

なお、朝食、昼食とも食べ終わりましたら、 紙コップ、ペーパープレート等、早めにゴミ箱に捨ててくださいね。風が吹くとご自分に掛かることがあります、、(^_^;;

風が強いとき

2階デッキに座るお客様へ、風が強いときには簡単に帽子、カツラ、タオル、軽い荷物など飛ばされてしまい ますのでご注意くださいね。1階、2階とも全席自由席です。

船酔いについて

過去の航海日誌では、95%以上の方は、まず、船酔いしませんが、もし、心配な方は大正製薬のアネロンなど酔い止めをご持参下さい。

足ヒレについて

乗組員(クルー)が、みなさんの靴(足)のサイズを日本語で聞いてきますので、 日本語で23cm、24cmと自分の足のサイズを応えてください。

オプションについて

この船には、他の船には無い素敵なオプションが あります!!

オプション2:スヌーバダイビングについて

さてもう一つのオプションに“スヌーバダイビング”があります。スヌーバダイビングは泳げない方、初めての方でも安心して楽しめる安全なダイビングです。

8歳以上で体が健康な方なら、どなたでも参加できます。日本語を話すインストラクターが、みなさんを世界的に有名なダイビングスポットである、モロキニ島の水深3mの海の世界に、約25分間の海中散歩にお連れします。

お値段はお一人様たったの49ドル50セントです。ぜひトライしてください。きっと感動されると思います。

なお、両オプションともホテルからのお支払いが可能ですので、現金、クレジットカード、トラベラーズチェックを船上に持参されなかった方でも安心してオプションに参加できます。詳しくは日本人スタッフにお申し付けください。

スノーケリングについて

クルーが2階デッキで日本語で、デモンストレーション致します。

  1. まずマスクの付け方ですが、最初にマスクを手に持ち、バンドをちょうど、つむじの位置に掛けます。耳にバンドが掛からないように注意してください。マスクのバンドは、耳よりも上につけて下さい。
  2. つぎに、マスクを鼻まで完全に入るように付けます。
  3. 髪の毛がマスクの内側に入っていないか、確認してください。髪の毛がマスクの内側に入っていると、マスクの中に水が入ってくる原因となります。
  4. スノーケルの使い方ですが、マウスピースを完全に口にくわえてください。おわかりの通り鼻からは呼吸できません。口だけで呼吸できるように練習してください。
  5. もしスノーケリングの途中でスノーケルの中に水が入ってきたら、英語の2(two)の発音“トゥッ”と思いきり息を吐いてください。スイカの種を吹き飛ばす要領です。
  6. 泳げない方のために、水上スキー用の黄色い浮きベルトを用意しています。1階の階段横にありますので、ご自分で御自由に取って、腰に付けてください。フローティングベルトの他に。ヌードルという、両脇の下に入れて、捕まる道具や、ブギーボードなどがあります。普通は、どんなに泳げない方でも、ウェットスーツを着て、ヌードルを持てば、完璧に楽勝でスノーケルできます。
  7. 足ヒレですが、簡単に足をくじいたりしますので、船の上では、履いて歩かないようにお願いします。

海への入り方および泳ぐ範囲について

モロキニ島について船のエンジンが停止したら、スノーケリングに行かれて結構です。2階デッキの方は前方の階段から1階に降りて後方のスイムステップ(水泳台)まで行きます。

スイムステップに付いたらすぐに腰掛け、マスクと足ヒレを装着してください。

海に入るときには、両手をまっすぐに伸ばして、前屈みになって入ってください。梯子やロープにつかまると、ケガをする原因ともなりますので、どこにもつかまらずに海に入ってください。

なお、モロキニ島は自然環境保護地区のため上陸禁止となっており、海洋生物についても生態系を自然のまま保護されていますので、魚に餌をあげたり、珊瑚礁を破壊したりしないようご協力お願い申しあげます。

泳ぐ範囲ですが、船の横側、前方は監視員の目が届きませんので行かないようにお願いします。他の船の近くにも行かないようにしましょう。

その他

水着の着替えは、お手洗いで出来ます。あと、水に入るときには、指輪やネックレス、イアリング、入れ歯など、落としたくないモノは船上に荷物と一緒に置いておきましょう。または、最初からホテルに置いてくるようにしましょう。着替えをしているときにネックレスのチェーンアドが切れて海に落ちてしまうこともあります。珊瑚礁の中に落とすと2度と見つかりません、、(^_^;;

貴重品について

お荷物は、すべて座席に置いたままで、大丈夫です。クルー(乗組員)がいつも見回っていますし、泥棒するような人が、お金を払ってスノーケルに来ることはないと思います。プライド オブ マウイ号では、創業以来20年間一度も盗難事故はありません。

ただ、風で、帽子や服、草履、タオルなど飛ばされることがありますので、軽い荷物を重たい荷物の下に置いて、飛ばさないように心掛けて下さい。あとカメラやビデオなどは直射日光が当たらないように、バスタオルなどで、カバーして下さい。

また、荷物(とくにカメラやビデオなど)は水しぶきなどで濡れることがありますので置き場所にご注意下さい。

水中カメラ、T-シャツ、レンタルウエットスーツについて

水中カメラ(10ドル)、T-シャツ(15ドル)、レンタルラッシュガード(10ドル)など2階操縦室にてサービスいたしております。ご遠慮無くお申し付けください。ホテルからのお支払いも可能です。日本人スタッフにお申し付けください。

昼食について

すべてセルフサービスとなっています。ご自由にお取りください。

船を下りるとき

船のエンジンが完全に停止するまで席を立たないようにお願いします。 タラップを掛け終わるまでは1階サイドデッキへは出ないようにしてください。下船の準備ができましたら、クルーがお知らせいたします。足元に注意して下船してください。

それでは、マウイ一のスノーケリングボート・プライド オブ マウイ号で楽しいひとときをお過ごしください。何か質問がございましたら、ご遠慮無く日本人スタッフまでお尋ねください。


■↓モロキニ島スノーケリングツアーお申込みはこちらです。
http://mauinotatsujin.com/p3_asb_molokini.shtml